「親の家」でお金持ちになる方法。―親の持ち家、自宅があれば誰でもできる投資術
白岩 貢 (著)


親の持っている持家をベースにした不動産投資を提案している本。
実際の活用事例から親の説得方法、相続の話と内容は割と盛りだくさんな感じ。
まあ頁数少ないんでそれぞれ触り程度ですけどね。

持家志向が強いと言われている日本ですからこの本に書いてあるような活用方法が取れる人は多いはず。
RCでフルローンとかよりリスクも低いし気楽に始められるから親の家を担保にするなり建てかえるなりで始めるのは良いかもしれないですね。
わりと盲点を付かれた感じです。

自分に当てはめると確かにそういった土地はある!
けど親が家を建てて10年も建ってないし、かといって建て替えないとあまり面白い案件にはならなそう…
てな感じの言い訳を考えて今は放置ですねー
ダメ投資家だww

まあその他に参考になった所はアパートで遮音性を上げる方法。
やり方は界壁の場合、両面とも鉛シートと石膏ボード12mm二枚張り下地で間にはグラスウール50mm以上
コンセントは音が漏れやすいから隣室と場所をずらす。
二階以上の床は24mm構造用合板二枚敷いて、その上に強化石膏ボード12.5mm二枚張り、さらに合板9mm捨張り二枚でフローリングとどんだけ敷けば気が済むのかww
下の階の天井裏にはグラスウール50mm入れて防振吊り木。
防振吊り木とは床梁から天井を吊るすための部材でFRP製で振動を伝え難いもの

うちのアパートも遮音性が悪いんでこれを参考にとりあえず壁に石膏ボードを一枚上張りして見ようかと思った次第です。


スポンサードリンク